黒梅日和の成分について考えてみる 2016年7月12日 at 5:33 PM

黒梅日和に使われている成分についてですが、主に使用されている成分として紫ウコン、アロニア、梅肉がありますね。

これらの成分を少し調べてみたのですが、要するに腸の状態を改善する効果が期待できる成分である事が分かりました。

紫ウコンについては、食物繊維が豊富なことを利用して腸の状態を改善、アロニアについては腸にとって有害な物質が作り出されることを抑制、そして、梅肉については殺菌作用があって、それが腸の状態を改善するんだそうですね。

面白いなっていうか、ちょっと気になったのは、梅肉の殺菌作用です。腸のなかには善玉菌とか悪玉菌とかいろんな菌がいる事はほとんどの人は知っている事実だと思いますが、梅肉というのは、この菌のうち悪玉菌をやっつけてくれる作用が期待できるんだそうですよ。

そして、その結果悪玉菌がだんだんと減ってきて、結果として善玉菌の方が多い状態を作り出してくれるんだそうです。
乳酸菌のサプリメントのような働きをしてくれるのが梅肉っていう事なんですね。

梅肉と乳酸菌の違いとしては、殺菌作用だと思いますが、おそらく悪玉菌を減らすっていう意味では乳酸菌よりも梅肉の方が優れているような気がします。

黒梅日和は【効果なし?】通販で購入して※【後悔】する秘密!はこの黒梅日和の成分についてもう少し詳しく解説しているので参考になるかも知れないですよ。