難民申請をして韓国から脱出する人がいるという記事を読んで。 2017年9月10日 at 5:26 AM

お隣の韓国は兵役制度のある国ですが、最近それを理由に諸外国に難民申請をする若者が増えているというニュースを見ました。

 

私はてっきり、兵役に就いた人というのは国に尽くした偉い人、というふうに社会から尊敬を受けられるものとばかり思っていたのですが、実情はそうではなく、むしろ蔑視される風潮があるというから驚きです。

 

しかも、一年に100~150人くらいの人が兵役で死亡しているのだとか。

 

国を守る義務というと尊いイメージがありますが、これでは兵役に行くのが嫌だと考えても全く不思議はないと思います。

 

せめて志願制にすればいいのではと思うのですが、全員強制では「人権侵害だ」と考える人が続出するのは無理もないと思います。

 

ただでさえ、今の韓国では社会の在り方に不満を募らせる若い人たちが増え、自殺者が後を絶たないと言います。

 

地獄のような受験戦争を勝ち抜いて有名大学に入っても、酷い就職難で仕事はなし、人生で結婚や出産という喜びごとを全く期待できない・・・ということで、「もうこの社会から抜け出したい」と考える人が本当に多いのだそうです。

 

今回の記事は、韓国の軍隊というより韓国社会の問題点を改めて浮き彫りにしたと思います。

 

韓国は日本と比べ物にならない位、人々が教育に熱心だと言いますが、高い教養を身に着けた人たちが人生で当たり前の恩恵を被ることもできないなんて、あまりにも可哀そうだ、と感じました。

韓国について興味のある人は⇒大韓民国 | 外務省