日本橋小網神社のドブロク祭り 2017年9月6日 at 10:06 PM

秋が深まり冬の訪れに備える頃になると、洋の東西を問わず収穫祭が催されます。

ハロウィン、謝肉祭、サンクスギビングデーなど欧米のお祭りの他に、日本の新嘗祭もこの時期に行われます。

 

そこで、変り種の収穫祭として日本橋小網神社のドブトク祭りを紹介します。

 

小網神社は、稲荷大神を主祭として福禄寿と弁財天をお祭りしている神社です。

 

宮中祭祀としての新嘗祭は、五穀豊穣を祈念して御神米を奉納するのですが、小網神社ではお神酒に榊を添えて奉納します。

 

この時奉納されるお神酒は、清酒ではなくにごり酒のドブロクです。

 

このドブロクは、祭りに参加した者たちにお供物下がりとして振舞われます。

 

 

江戸時代、日本橋小網町周辺には造り酒屋や酒問屋が多くあったそうで、ご寄進していたのも何かの縁かもしれませんね。

 

ドブロク祭りは庶民の祭りであるため、勤労感謝の日以降に執り行われます。

 

余談ですが、ドブログには組合もあるんですね。三原村どぶろく組合:農林水産省