新しい情報の取説 2016年6月2日 at 5:43 PM

新しい情報に関するもののなかには、手紙やメモの写し、報告書、パンフレット、定期刊行物、業界誌などが含まれている。

ほかにも回すようにという指示がついている資料で、重要であるにもかかわらず、それをすぐ読むひまがないときには、回覧が終わったらもう一度それを自分のところにもどしてもらいたいという要望をつけて、次の人に回してあげよう。

 ペンディングにしておくものは、ペンディングーフォルダーをつくっておいて、適当な行動をとる時期がくるまでそれに入れておく。

あとで処理するものは、いっそうの努力が必要なので後回しにするもので、ほんとうに重要な仕事とか研究である。

よりいっそうの読みこみとか分析とか、労力、時間、注意力のより充実したスケジュールが必要とされるものである。

こういったものは、日常のデスクワークとしてではなく、週間スケジュールのなかに組みこんでおくべきと、より効率的な活動ができるようになります。

表を使った情報管理もまた効率的ですけどね。
情報整理は箇条書きより「表」を書け:PRESIDENT Online – プレジデント