技師会誌で以前の職場の後輩の退職を知った日。 2017年7月14日 at 10:30 PM

診療放射線技師をしていて、技師会に入っています。

 

 

日本放射線技師会と東京都放射線技師会に所属しているのですが、毎月、両方から機関誌が送られてきます。

 

 

ここ数年、読む暇がないほど多忙で、どんどん溜まっていってしまいました。

 

 

断捨離とばかりに捨てるべきかも知れませんが、目を通して何か技術の糧になるかも知れないと思って山積みしていました。

 

 

最近、余裕が出てきたため薄い冊子の物から攻めていこうと読み出しました。

 

 

 

技師会誌には最後の方のページに会員動向というものがあります。

 

 

最新の会誌には、個人情報に配慮してか個人名を載せることが少なくなりましたが、昔の会誌には入会、転入、転出、退会という欄がありました。

 

 

その欄に以前、私の勤務していた病院名が!私が退職してから、半年に1回のペースで求人が出ていたので、半年で辞めた子かな?と思っていました。

 

 

すると私の後に入ってきた後輩の名前がありました。その会誌は2014年12月号。「2年半前、あいつ大丈夫だったかな?」と急に心配になりました。

 

 

その職場は限度のないパワハラ職場だったため、私もおかしくなりそうでしたが、まさか後輩まで犠牲になったのではと。

 

 

私が退職したのが2012年2月ですから2年足らずで後輩が辞めていた事実をこんな形で知るなんて思いもしませんでした。

 

 

連絡先も分からないため、安否が非常に気になりますが、きっと元気にやっていると信じて、やり過ごすしか術はありませんでした。