反省しなくては 2018年2月15日 at 12:50 PM

先日節分があり、恵方巻を食べたり近所の豆まき行事に参加したり宝船の行進を見て福を頂き大変よい節分を過ごす事ができました。
その節分の時に世間でとても注目されるニュースが流れていました。

 

関西のとあるスーパーで恵方巻の仕入れ数は昨年の販売実績と同じ数にしてそれ以上は仕入れませんというニュースでした。

 

主な理由は食料を無駄にしないという事と、魚資源は有効なので大事にしたいという事でした。

 

このニュースを見てとても素晴らしい取り組みだと拍手を送りたくなりました。

 

魚が大好きなのでよく魚を食べるのですが、それは当たり前ではなくありがたく幸せな事だと気付かされましたし、もっと感謝の気持ちを持ち頂かなくてはと改めて思いました。

 

そして、反省しなくてはいけないと思う事もあります。それは遅めの時間にスーパーに行くと欲しい魚やお寿司がよく売り切れている事があるのですが、まだ閉店時間まで数時間あるのにもうこんなに棚がすっからかんか、と内心文句を呟いていました。

 

しかしそれは我が侭な事だとこのニュースを聞いて反省しています。

 

売る側としては売れ残れば廃棄しなくてはいけませんし、売れ残れば売り上げにも影響してしまいます。

 

なので遅い時間に行けば売り切れているのは当たり前のことだと認識しなくてはいけないと、今までそんな事も気付かなかった自分に反省しています。