参院選後の経済対策の財源はどうなるか? 2016年7月12日 at 2:09 PM

参議院選挙ではやっぱりと言いますか、自民党と公明党の与党が完全に圧勝しましたね。

で、気になるのが今後の経済対策です。

アベノミクスのギアを上げていく、と安部首相は選挙の間も演説で語っていましたが、その内容について今後の21世紀に必要なインフラ設備を作っていく公共事業のようですね。

そのなかでも一つの大きな目玉となるのが輸出対応がより活発に行われるための沿岸施設の充実。

主に食料品などの輸出入のために作られる思われるこの施設は、今のところは全国に作られる予定になっているとか。あくまでも今の段階ですが、この事業がどんどん進んでいけば、まずは工事関係者が潤うことになります。

そして、その後、その施設が作られた沿岸近郊の地域が潤うことになるでしょう。

ですが、問題はやっぱり財源。

財源がなければ結局は絵に描いた餅です。

安部首相としては、この財源についてはもちろん用意されていることだと思いますが、そのあたりの案については見どころかも知れないですね。