主婦が楽しく生きることと生活リズム 2016年5月22日 at 9:07 AM

家庭の主婦にとって大切なのは、いざ外に足を踏み出すばあいの、物理的保障がなければなりません。 

つまり時間のやりくりのことです。わたしは長年共働きで、子供も二人育ててきてますけれど、毎日の生活をこせこせ時間に追われて過ごすのでなく、一定のリズムというか、「張り」と「ゆるみ」の調和みたいなものがほしいと心がけてきました。 

といっても、むずかしいことではなく、起床の時間、朝食、夕食、就寝の時間さえある程度規則正しくすれば、あとは各自の生活に応じて、大まかな計画をたで、それにそって仕事をすればよいのです。

主婦のばあいも、一日中家事に追いまわされないで、たとえば午前十時から午後三時までは、自分が自由に使える時間というように一日を組んでいくと、案外楽しく生活できるものです。

また、働きに出ることによって、自分らしいリズムがでう場合もあるようですね。⇒働く主婦と専業主婦、生活に満足しているのはどっち? | マイナビニュース