フィリピンと中国の南シナ海の問題はどうなる。 2016年7月13日 at 12:55 PM

フィリピンが強行に領土に入ってくる中国の行為について仲裁裁判所にこの問題を持ち込みましたね。

フィリピンと中国の互いの主張が相容れなく、また妥協案を模索することは無理だと判断したからだと思いますが、結果仲裁裁判所は中国の主張を退けました。

さて、その判決を受けて中国はどうしたか?っていうと、完全に裁判所の判決を否定してきているみたいです。

先進国というのは、法によるルールに基づいてふるまうのが当然のことであり、そうあるべき姿だと思うのですが、中国はどうやらそうではないみたいですね。

自分たちの主張に対して、それを否定するのであれば、それは間違いで正しいのは自分たち、っていう感じです。

国際的な友好関係をいろんな国ともっていくべきぐらいに中国という国は大きな国だと思うのですが、それを期待するのも無理なんだっていうのが今回の件においても明らかなになったんじゃないかなって思います。

強引にものを事を進めようとしていると、そのうちしっぺ返しがくるのではないか?なんて思ってしまいます。