テレビ局もショーンK氏の詐称には困っているみたいだね。 2016年3月24日 at 9:57 PM

この間から報道ステーションのコメンテイターとしても人気がたかったショーンK氏の経歴詐称疑惑について様々なところで話題になっていますが、最も困っているのはもしかしたらテレビ局かも知れないですね。

ワイドショーなどによると、今年の春からショーンk氏がレギュラーを務めるテレビ番組もいくつか決まっていたみたいですが、経歴詐称によって、芸能活動を休止することになってしまった以上は当然テレビにでなくなります。

ところが、既にショーンK氏を看板タレントとして番組構成を考えていたテレビ局からするとこれがかなり大きな問題になるんだそうです。

というのも、既に政策メンバーなどが決まっていたみたいだし、当然費用もかなり発生してしまっているわけで、それが全く意味がなくなってしまうことになり、さらに、お蔵入りになってしまって番組の代わりに違う番組をまた考えなくてはいけないし、当然キャスティングも1からやり直すことになってしまいます。

ショーンK氏の騒動は多くの人に影響を与えてしまった、という事ですね。