ビオチンを妊娠中はとろうね。あとカルシウムも忘れずに 2014年2月15日 at 5:29 PM

妊娠したら、ビオチンの補給は必ずしてください。なんででしょう?欠乏すると奇形児になる可能性が高くなります。

水溶性のビタミン類なのでたくさんとっても中毒になる危険性もありません。

ビオチンは別名ビタミンKともいいヒトの腸内細菌の中にも含まれています。日本では、ビオチンを子供用のミルクに添加することが認められていない為、ミルクと一緒にビオチンを含んだ食品を与えたり妊婦が食べたりすることが必要となってきます。

腸内フローラと呼ばれる腸内でたくさんの細菌を作っているところでは、こちらのビオチンが必要となってきます。

それと単発で飲んでも発揮できないのでビタミンB群やマルチビタミンなどと一緒にとると良いと言われています。

髪の健康にも良いようで、妊娠中は髪が減ったり円形脱毛症になる妊婦さんもいるのでしっかりとサプリで補っていくことをお勧めします。

あとは赤ちゃんが生まれてからのアトピーの予防にもなるという風にも言われているので体内にいるころとミルクを上げるときにも赤ちゃんにママの栄養がいくので意識してみると良いですね。

それとカルシウムも忘れずにとりましょうね。妊娠中はとっても不足しがちな栄養だから。