Category / マリネのダイアリ

文章をちょっとずつでも、上達させていこうと思います。 2017年12月10日 at 5:57 PM

最近つくづく思うことがあります。自分でも文章が下手だなと…困ったものです。

 

SNSなどを通じて、私は毎日のように、短い文章を書いています。我ながら下手です。

 

そうかといって、役に立つようなものでもありません(自虐ではなく、本当です)。

 

とは言え、何も手を打たないでいるのは、なんだか癪ですので、新聞一面下にあるコラムを読むようにしています。

 

さすが、目立つところに文章を載せている方の文章は、秀逸だと思います。話の運び方がうまいともいえます。

 

今話題となっていることに、それにつながる故事や過去の話題などを、実に巧みにリンクさせているように感じられます。

 

聞きかじった話ですが、カメラは、撮っていくうちに上手になっていくそうです。

 

私の文章も、毎日優れた文章を読み、考えながら書いていくうちに、上達していくでしょうか。ちょっとだけ期待をしつつ、試してみたいと思います。

 

国際交流基金 – 日本語教育通信 本ばこ 『論文作成のための文章力向上プログラム』のプログラムを一度受けてみようかな?なんて思ったぐらいです。

アドバイス通り 2017年12月6日 at 3:17 PM

私は身長が低く、着る服も似合わない服もあり新しく流行るものに手を出すには勇気が要る時があります。

 

2、3年前にガウチョパンツが流行りましたが最近はもっと丈の長いワイドパンツが流行っています。

 

 

ガウチョは何とか背の低い私でも履きこなせていましたが、153センチしかないのでワイドパンツはどうも手を出せずにいました。

 

でも、広がりすぎない素材なら大丈夫なのでは?と思い始めまずは手ごろな価格で売っているユニクロさんで試着してみました。

 

すると、低身長の私でもすっきり着こなせるワイドパンツを発見。それも、ウエストゴムなので店員さんに「裾直ししなくても大丈夫なぐらいですよ」と言われ最初予定していたより長めの1㎝程度ほんの少しだけ裾直しをしてもらうことに。不安なまま帰りましたが、家で試着するとぴったり。

 

店員さんの「長かったらまた直せますよ」という言葉通りにして良かったと思いました。

株式の売り時について 2017年12月2日 at 9:43 PM

株式投資とは利益が出ているうちに株式を売り抜ければ、いつ株式を売却してもいいと考えられています。

 

しかし、やはりここは株式が一番高い値段で株式を売り抜けたいと思うのが人情というものだと思います。

 

ただ、投資家は一番高値で一人だけ株式を売り抜けることを考えてそれをやろうとしても、それを実行する方法はほぼ見つけることは不可能だという事実を直視しなければならないと思います。

 

つまり、いくら一番いい方法だと分かっていても初めからできないことならば、それ以外の方法を考えなければならないのです。

 

ここで考え売る方法としては、株価がピークをうったと確認してから株式を売却する方法がいいのではないかと考えるかもしれません。

 

確かに株価がピークをうったのならば、これ以上は株価は上がらないので株式をすぐに売却した方がいいといえます。

 

 

こういうテーマはシリーズ「バブル/デフレ期の日本経済と経済政策」|内閣府 経済社会総合研究所にいるメンバーには説明できても実行はできないだろうな。

オートファジーは老化を遅らせる鍵になるかも知れない at 9:30 PM

ノーベル賞を受賞したことで知られるようになった「オートファジー」は、細胞が自分自身を分解し、再利用するという、いわばリサイクルシステムと言えるものだそうです。

細胞にたまる不要な物質を取り除く掃除機のような働きをして、細胞のメンテナンスに深く関わるものだといいます。

 

アルツハイマー病やパーキンソン病などは、細胞に異常なタンパク質がたまる神経系の病気ですが、こういった病気にも関連しているということです。

 

また、がんの場合はオートファジーが腫瘍増殖のサポート役に回っているらしいことがわかってきたそうです。

 

そしてオートファジーの機能は加齢とともに低下していくこともわかり、老化とのかかわりに注目されているということです。

 

このように、オートファジーを制御できれば、病気の治療や老化を遅らせることもできるかも知れないということで、世界中で研究が進められています。

 

iPS細胞といい、オートファジーといい、一昔前のSFの世界が現実になってきたように思えます。

顔と手のシワが気になります。そしてアテニアのリフトジェネシスが欲しい。 2017年11月29日 at 3:52 PM

40代になったころから、顔のシワが気になり始めました。とくに気になるのが、眉間のあたりの深いシワと笑いジワです。

 

思い出すと、学生の頃、友人に「笑いジワが出るね」と言われたことがあります。そのときは「笑いジワも魅力!」と、おとなぶっていましたが、そのころからケアしていたらこんなにシワは増えなかったのでしょうか?

 

10代後半のころ、スポーツをやっていたせいもあり、日焼けしていつも真っ黒でした。当時は「美白」より「健康的な小麦色」が流行りだったこともあります。「若いころの日焼けは年齢になると、シミやシワになる」と聞いたことがあります。しかし、私と同じように日焼けしていた同級生でも、この年齢になっても肌にツヤやハリがある人はいます。

 

 

手の甲のシワも気になります。指がシワシワな感じです。肉がたるんでいるような状態です。同じ年代のかたのきれいなツルツルした手を見るとうらやましいです。

 

「食器洗いのときなどにお湯を使うと手がカサカサになる、水のほうが良い」と、昔聞いたことがありますが、本当でしょうか? 私は若いときからいつも水です。お湯は使いません。確かにガサガサはしてないのですが、全体的に手の甲がシワシワです。ハンドクリームのベトベト感が苦手なので、手には何もつけません。ハンドクリームを使っておけばよかったのかもとちょっと後悔しています。

 

 

顔と手のシワをとるのは、何歳になってから始めてもどうにかなるものなのでしょうか?

 

顔には保湿クリーム等は意識的に塗っていますが、何もつけない日を週に1,2日もつと良いと聞いたこともあり、休日は何もつけていません。

 

 

先日、夫が私の顔をまじまじ見ながら「顔のシワ増えたね。俺も増えたよ~」と言っていました。「歳だから仕方ない」と言い返しましたが、人も私の顔を見てそう思っているのだな、と思ったら複雑な気持ちになりました。

 

 

ただ、先日ネットでシワについて調べていたら、アテニアのリフトジェネシスという私の年代にはすごく魅力的に映る美容液を見つけてしまいました。アテニアリフトジェネシス【効果がある人ない人】口コミと楽天、アマゾンの通販

 

 

肌で作られるコラーゲンを若い時のようにしっかりとしたものにしてくれるという事がアテニアのリフトジェネシスの公式サイトでは書かれいたのですが、それが本当であれば正直使ってみたいと思っています。

 

 

金額的には一般的は高級ブランドよりもだいぶ安くしてくれているみたいだし、アテニアのリフトジェネシスを使ってみたいと言う気持ちがだんだんとでてきている状態。

 

 

自宅の近くの10分ぐらいでいける駅に確かアテニアの店舗があったので一度行ってみようかな?でも、ネット通販だとリフトジェネシスのお得なセットもあるし・・・。

 

迷っている時点で、もうアテニアのリフトジェネシスを買う前提になってしまっていますね(笑)

 

冬は洗濯物が乾かないので嫌いです。 2017年11月25日 at 9:06 PM

夏場は昼頃には洗濯物が乾いて取り込めたのに冬になると夕方になってもまだ気持ちよく乾いていません。

 

お日様が照りつけない冬に限って服は分厚くて乾きにくいものになるし、飾り程度のフードなんてあろうものならフード部分が乾かなくて嫌なんですよね。

 

娘に履かせているスカート付きパンツもなかなかの曲者です。これを上手く干せるハンガーでも発明したら大ヒット間違いなしとすら思えます。

 

 

最近ではピンチハンガーでウエスト部分からぶら下げてスカート部分をツマミあげてピンチでとめるという方法がお気に入りです。

 

 

乾きやすくなりますが、靴下やハンカチを干すスペースが減ってしまうと言う問題もあります。生乾きでもとにかく取り込んで生乾きのものは炬燵の中に入れます。

 

洗濯物の山を入れると火事にになると言うのでちゃんと平らにして数枚だけ入れて乾かしています。すぐに子供達に蹴散らかされるんですけどね。冬ってだから嫌いです。

子供達はどんな夢を見ているのでしょう。 at 9:04 PM

トイレに行きたいのに行けなかったりトイレが汚れていたりとやたらとトイレに困る夢から目を覚ますといつもオシッコが弾んでいます。

 

夢の中で用を足してしまうこともあるのですが、不思議とおねしょはしていません。

 

オムツに遠慮なくオシッコしている娘はこんな微妙に苦しむ夢をまだ見ないんだろうなあなんて下らないことを考えてしまいました。

 

とは言え何か寝苦しいのか、娘の寝言はいつも苦しんでいます。

 

けっこう大きな声でハッキリと「やめてよ。」「だめ!いや!」「さーちゃんの!」と言っています。寝ても覚めてもお姉ちゃんとオモチャの取り合いをしなきゃいけないなんてまだ2歳なのに苦労しているなと思ってあげました。

 

逆にお姉ちゃんの方は寝ながらよく笑うんですよね。

 

ドラえもんの道具みたいに夢の中が覗けたら良いのになあとよく思います。そして私は2人の娘の寝言に起こされています。ちょっとやそっとじゃ朝まで起きないタイプだったのに我ながらお母さんになったんだなと実感しています。

 

一応、快眠のための情報は少しでもあった方が良いと思って、快眠のためのテクニック -よく眠るために必要な寝具の条件と寝相・寝返りとの関係 | e-ヘルスネット 情報提供などを見て情報収集には勤めていますけどね。

トイレトレーニング始めました。 at 8:51 PM

トイレトレーニングを始めたばかりの2歳の娘は、まだオシッコが出そうな感じが全く分かっていないようです。汚れたトレーニングパッドを替えながら「今度はちゃんとオマルにしようね」と言っている矢先に漏らしたりします。

 

 

まずはオマルを好きになってもらうところから始めないといけません。何しろ今は何を誘っても嫌がるイヤイヤ期なんです。昼食後、そろそろウンチするかなと予測し、暖かい部屋でテレビは大好きなアンパンマンを付けてオマルに座らせました。

 

 

すると予感的中、オマルに見事用がたせたんです。本人も「見て見て」と大喜びなので、ご褒美にゼリーをやりました。するとゼリーにすっかり味をしめた娘はオシッコと言って自らオマルに座るようになったんです。

 

 

それが座っても5分10分じゃでないので逆にパンツを履かせようとすると怒るんです。粘ること40分でようやく「ゼリー」と叫びながらオシッコを出しました。このゼリーで釣る作戦でもしかしたら早くオムツが外れるかもしれないと期待しています。

大人になって役員をするということ at 8:48 PM

小学生の頃からの幼なじみの友人と話していた時のことです。私も友人もどちらかというと子供の頃は目立ちたいタイプでした。学級委員や児童会の役員など、自分から立候補をしてまでもやりたい!というタイプで、学校のためみんなのため、そして1番は頑張っている自分を認めたいため。そんな気持ちで過ごしていたのかもしれません。

 

 

子供の頃はあんなに役員やら何やら、頑張ってやっていた私が、子を持つ母になってからは、幼稚園や学校のPTAの役員をやることに関して、物凄く抵抗を感じるようになっていました。

 

もう「アレルギーのように感じている?」というくらい。何故ここまで、大人になってからの役員は嫌なのかな?と友人と話していたら、友人が「大人になってからの役員って、やりたくないことの押し付け合いみたいになってるからじゃない?」と言いました。
確かに、子供の頃の役員は「カッコいい、凄い」というプラスのイメージでしたが、大人になってからの役員は「嫌な事の押し付け合い」というイメージしかありません。

 

そしてもう1つ感じたことは、大人になるとみんなそれぞれの生活で一杯一杯。他の人たちの分まで親切心を持って行動すると言う、心の余裕が無くなってきているのだと思います。

 

そうとは言え、私も友人も今年は子供達の学校や幼稚園のPTAの役員をやっています。正直苦痛に感じることは多々ありますが、大切な子供達が喜ぶため。と自分に言い聞かせて、残りの日々を乗り越えたいね。と話していました。

 

悩ましいPTA役員!ストレスを減らして取り組む対策 [小学校] All Aboutを参考にしながら。

早くケーキが食べたいです。 2017年11月19日 at 10:07 AM

今日は旦那さんの誕生日ということで、口コミで結構評価の高かったパティスリーにバースデーケーキを買いに行って来ました。

ショートケーキが甘さ控えめで美味しいというコメントを見て、このお店に決めたのですが、とても楽しみです。

 

早く食べたいなという気持ちが強いですが、旦那さんには内緒のサプライズなので、ケーキケーキと言ってはいけませんね。

 

冷蔵庫にどでかく入っているので、旦那が帰って来てからはあまり冷蔵庫を見られないように気をつけようと思います。

 

ろうそくももらったので、せっかくならろうそくをつけてお祝いするつもりです。

 

去年私もやってもらったのがとても嬉しかったので、二人だと少し寂しい感じもしますが、せめてものお祝いが出来たらいいなと思います。

 

プレゼントがないのが非常に申し訳ないのですが、ケーキだけはというところですね。